→自然と暮らし戻る

白幡山に咲く山野草

札幌市清田区にある約1,100 ヘクタールの市有林白旗山・有明の滝都市環境林には、自然観察の森、ふれあいの森、
自然探勝の森の3つの森とそれらを結ぶ自然歩道があり、山菜採りや四季折々のいろんな植物を見ることができる
地域として知られています。新緑がまぶしいくらい美しい5月の末、山道を歩き、さまざまな花たちと出会いました。

    雨と強風が吹いた後に行ったので、折れている木が
     
    ところどころで見ました。


    萌えるような新緑に春の喜びを感じます!
まっ先に目に入るのは、スミレの花

「山路来てなにやらゆかしスミレ草」の句が

ふと浮かんでくる。


エンレイソウ(延齢草)ユリ科エンレイソウ属
白幡山は、こちらの3枚の褐色の花被片を持つ花が多い。



ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)
白幡山では、白い花のエンレイソウはあまり見かけない。



ホーチャクソウ(宝鐸草)ユリ科チゴユリ属→
白い筒状の花で、先の方が緑色を帯びている。

「宝鐸」とは、寺院の軒に吊り下げらる銅鐸のような飾りで
花の形が似ていることからの名前。
マイヅルソウ(舞鶴草)ユリ科マイヅルソウ属
花はユキザサを思わせるが、葉っぱが違うので
見分けられる。

ハート型の丸い葉っぱがマイヅルソウで、
ユキザサの葉は、笹の葉に似ている。

名前の由来は、葉を2枚広げた様子が鶴が羽を広げ
舞う姿に似ていることから。

ヒトリシズカ(一人静)センリョウ科センリョウ属
名前のように1本だけひっそりと咲いているかと思うが、
たいてい群生している。

みずみず葉と高貴な花のようすを、静御前の舞い姿に
見立てて名前がついた。

クルマバックバネソウ(車葉衛羽根草)ユリ科ツクバネソウ属
黄色い雄しべが目立つ、黄緑色の花。

周囲の緑の中では、目立たなく咲いているので、
見つけるのが難しいが、いったん覚えると容易に
見つかります。
葉っぱがイチゴの葉に似ているので、野いちごの一種と
思うのだが〜もしかしてヘビイチゴ?
名前不明!

ちいさなちいさな白い花です!


ルイヨウボタン(類葉牡丹)メギ科

葉の形が 牡丹に 似ているので 類葉牡丹と 名づけられましたそうですが、目立たなく見落としがちな花です!
5月の白幡山は、何年も歩いているが、今年初めて発見しました!淡い黄色い花は、気品があって可愛いです。


→2008年自然と暮らし戻る



みずきばーちゃん奮闘記 札幌散歩道

姉妹サイト・シニアのハッピー探し〜アジアン市場