自然と暮らし

きらめく冬の川

国道をちょっと入っただけの札幌の街には、

置き忘れられたように、そのままの自然を見つける

夕日が沈むころ、川面に日が当たり、

そこだけきらきらと輝いていた

ひつそりとして、誰も気にも留めないような冬の川

ときどき、そこを通る私は、

すごく新鮮でゆったりしたものを

感じるのです。


富士フイルムFinePixS5000

Aモードで写しました。
雪景色を写すならPモードにして、

慣れたら露出補正をして

影を出すように、と

ある本に書いてあったけど

そのときは頭でわかっていても

いざ写すというときは、

頭に残っていない




ただ意図したのは、白い世界と川の蛇行、

枯れススキがそそぎ、光る川面…

静寂の世界を撮りた。


凍っているような川面だけど、

沈む夕日の残り陽を浴びて

うっすらと色づいて輝いていました


春の予感も感じます!


2月18日撮影
同じ場所の3日後です!

今度はPモードで撮ってみました。

露出補正はしていません。

これが全体の風景です!

ちょうど日が沈むころです!

時間は4時過ぎ。

川面に太陽が当たって朱色に染まり

とてもキレイな風景でした。

2月21日撮影

自然と暮らし