HOME 自然と暮らし2008年

りんごのお菓子

紅玉が手に入ったら作りたいと思っていた「アップル・クリスプ」
最近、紅玉はなかなかスーパーでも見かけません。

殆ど、りんご農家からケーキを作るためにホテルやケーキ店に流れるとか。

最近見かける「あかね」というりんご、見かけが紅玉によく似ています。

スーパーの人に聞いてみると、酸味が強いといいます。

それで「あかね」でアップル・クリスプを作ってみました。

あかねは、1939年に盛岡で「紅玉」と「ウースター・ペアメン」を交雑して育成された品種だそうで、
紅玉の酸味とシャキットした感触を受け継いでいる。子供の頃食べたのは、殆ど「紅玉」だった。
食べるのには甘い方が好まれるのか?最近は店頭に並ぶのは「ふじ」が多い。

作り方

材料:
あかね・5個 バター・110g 三温糖・135g 
オートミール・1cup 薄力粉・半cup 
ドライ・ローズマリー・小さじ1 シナモン・小さじ1
ナツメグ・小さじ半分


@りんごは皮をむいて縦に4等分し、芯を取り5mm位の
厚さに小口切りにします。

A切ったりんごを深めのボールに入れて、シナモンと
ナツメグを加えて混ぜおきます。(写真左)

B別のボールに三温糖とバーターを合わせて、
よく練ります。(写真右)
Cクリーム状になるまで練り合わせます。(写真左)
Dクリーム状になったCに、ふるった小麦粉、オートミール、
細かく砕いたドライ・ローズマリーを加えて粉っぽさがなく
なる混ぜ合わせます。

E耐熱容器にりんごを手で押さえつけながら並べ、隙間を
作らないようにして、Dの生地をりんごの上にかぶせる。

※私は丸型の薄い耐熱容器しかなかったので、それを
使ったけれど、なるべくなら深めの四角い耐熱容器の
方が良いと思う。

F180℃に熱したオープンに入れて、約1時間程焼く。
上の生地が色づき、りんごが煮えるまでじつくり焼きます。

Gオープンから出して、10分ほど粗熱を取ってから
切りわけます。

アップル・クリスプが出来ました〜
耐熱容器が浅いので、りんごが
分量どうりだと多かったです!




ケーキ用のもっと深めの方が
いいようです。

こげた煮汁の香りが部屋に
広がるのは幸せな気分〜

クリスプと言うのは、カリカリしたという意味で、オートミールのカリカリ感が香ばしくて美味しいです。

温かい内に食べるのがお勧めのようですが、私はどちらかと言うと冷たくして食べるのが好きです。


番外編

うちの耐熱容器が薄かったので、@で用意したりんごが余ってしまいました。

苦肉の策として、オリジナルなりんごのお菓子を作ってみた所、好評でした!

@鍋にりんごと三温糖を入れて、ジャムより
形が残るまで煮つめる。

Aボールに小麦粉少々・卵1を入れて
玉子焼きにする程度のゆるさを目どに
牛乳を少し加えて、混ぜる。

BフライパンにAを流しいれて、@を入れ
オムレツのように巻き込む。

C生地に火が通ったら、フライパンから出し
適当な大きさに切って熱い内に頂く。

※手軽にアップルパイ風味のお菓子が
出来ました!


みずきばーちゃん奮闘記 自然と暮らし2008年 掲示板

姉妹サイト: シニアのハッピー探し〜アジアン市場