HOME 自然と暮らし2009年 2007年 

自然と暮らし2008年

電子レンジで柚子蜂蜜  ▼冬の川  ▼豆腐作り奮闘記 ▼杜の蕎麦屋さん  ▼ナニワズの群生地
春の使者〜水芭蕉ニリンソウの群生地白幡山に咲く花たち ▼ハマナスの花ノイバラかな?
つるつるお肌の白カブ  ▼からしなの花  ▼オオウバユリの群生地  ▼森の中の森彦 ▼ニンニク
真っ赤なトマト  ▼野沢菜で漬物  ▼ジャガイモの収穫  ▼でっかい玉ねぎ  ▼りんごのお菓子
「1eco 初乗り300円」  ▼池の中の赤レンガ旧道庁  ▼北海道の味〜ニシン漬け ▼沢庵を漬ける


小豆と大豆



去年採れた小豆を植えて、今年はこれだけ収穫しました!
大豆は、去年頂いた大豆を蒔いたもの。

こんな風に、自分達で小豆や大豆まで採れるとは、
市民農園を始めた頃は、考えてもみませんでした。

戻る


タクワンを漬ける



自分たちで野菜を作らなかったら、きっと作らない漬物
その中でもタクワンは、絶対作らないだろう!

でも、採れた野菜全部がいとしく、大事に使いたいと思うので、
細い大根はタクワンに漬けました!

≪作り方は超簡単です!混ぜるだけ


戻る

 
北海道の味〜ニシン漬け



今年は、市民農園に植えていた大根の半分は虫が食っていた

がっかりしたけど良い所を選んで、今年もニシン漬けをつけた!

≪私の漬物作り

戻る


池のなかの紅葉



暖かな日、カメラを持って久しぶりに札幌の街を歩きました!

北海道庁前に行っていると、紅葉は少し早かったけど、
池に写る景色が色鮮やかで、とてもキレイだった。

≪北海道庁前の紅葉

戻る


1ECO 初乗り300円




久しぶりに街に出ると、こんな目新しい乗り物が走っていた

これは「ベロタクシー」と言って、1997年に近距離交通システムとして
ドイツの首都ベルリンで開発された自転車タクシーだそうです!

ベロタクシーは、環境問題という側面からも世界中に急速に成長し、
日本では2002年に京都で運行が始り、21都市に広まっています。

札幌では、NPO法人が地球温暖化防止の観点から、2008年4月から
環境に優しい交通手段としてスタートしています。(10/21撮影)



戻る


りんごのお菓子



酸味のある「あかね」が売っていたので、アップル・クリスプを作る

≪作り方はこちらをどうぞ♪

戻る


でっかい玉ねぎの収穫



市民農園に168本の玉ねぎの苗を植えて、105個収穫出来ました!

今年初めて化成肥料が入った「玉ねぎの肥料」というのを使ったので、
一個がひどく大きい。

それで、つい嬉しくなって会う人会う人に分けてあげてしまう。(=^・^=)」

戻る


ジャガイモの収穫



今年は、市民農園と郊外にある畑2箇所にジャガイモを植えた
先に市民農園の方を掘ったら小粒だけど、いいジャガイモが採れた。

でも、今年から始めた畑の方は、3分の一腐っていたのでがっくり!

戻る


野沢菜で漬物



春に植えた葉もの野菜の収穫が終わった後に、野沢菜を植えてみました。
7月の2日に植えた野沢菜、ぐんぐん伸びて、8月の始めにはこの通りです。




お湯で洗ってしんなりさせ、塩漬けにして1〜2日重石をしておいた後、
塩抜きをして、お醤油とみりん、お酒を煮立てたタレに漬けてみました。
美味しいかどうか〜?ちょっと心配です。1週間程で食べれます!

戻る


真っ赤なトマト




八月に入るとつぎつぎにトマトの実が真っ赤になる
スーパーで買うトマトと違って、青臭い独特の匂いがする

この匂いをかぐと、懐かしい子供時代が甦り、懐かしく想いだされる

戻る


ニンニクも植えました!



去年の9月、庭の片隅にニンニクの欠けらを10ほど植えてみたのが、
八月の初めに掘ってみると、小さいけど綺麗なピンク色したニンニクに
ちゃんと育っていました!もう大感激でした!\(=^・^=)/

このピンク色したニンニクは北海道在来で、北海道に古くから定着している
もので、ウイルス病に強く作りやすいそうですが、皮の色がピンク色している
理由で市場価格が低いので殆ど作られていないとか。勿体無い話である。

戻る


森のなかの森彦



娘が「珈琲とケーキが美味しいんだって!」と教えてくれた喫茶店「森彦」
円山にあるというその喫茶店を探したのですが、場所がわかりません。

幸いにもちょうど通りかかった若いお母さんと男の子連れに聞いたら、
「あ、うちの近くだ〜森がいっぱい、いっぱいあるんだから〜」と男の子。

歳を聞いたら4歳…教えてくれた通りに行ったら、ほんとに森のような中に
こんな懐かしいたたずまいの民家・喫茶店「森彦 もりひこ」がありました。

2階の葡萄の蔓の絡まる出窓のそばで美味しい珈琲を飲みました。
とても安らぐゆったりした時間を過ごせて、満足して帰りました。

≪円山でもオオウバユリ追っかけ〜


戻る


オオウバユリの群生地


(札幌市清田緑地 7月7日撮影)

春一番に顔を出す茶色と緑の混じったみずみずしい葉を見ると
どんな花が咲くのかな〜と長い間想像していたものです!

それが、こんな白い花をつけるオオウバユリと知って
すっかり追っかけになってしまったのです!

≪オオウバユリの群生地

戻る


からしなの花



もう少しで食べれると楽しみにしていた「からしな」がトウたちして、花が咲いてしまった。
間引きした時と慌てて採って漬物にしただけの、2回しか食べれませんでした。残念!


戻る


つるつるお肌の白カブ



市民農園で白カブを作っていた時、肌ががさがさしていたのが気になっていた。
スーパーで売っている白カブは、どうしてつるつるしているのかな〜?と長年
不思議に思っていたもの!それが、今年はツルツルお肌の蕪が出来ました♪
野菜も土との相性があるのかな〜?と頭をひねっている。

 
生でかじっても甘い白カブ。お漬物にして食べています。

戻る


ノイバラかな?


(北広島市 6月23日撮影)

今年から始めた畑のそばに、白い花があちこちに咲いている
薔薇の花に似ているな〜と思い、調べてみると
どうも日本原産の一重小輪房咲き種のノイバラのようだ。

1mくらいの高さで、ツルが伸びてあちこち花を咲かせている。
と、夏が過ぎると〜赤い実をつけている。

ノイバラと思ったが、どうやらラズベリーでした!

戻る


ハマナスの花


(札幌市清田区6月20日撮影)

ハマナスは、学名「ローザ・ルゴサ」と言い、北日本の海岸原産の花
札幌では街角や自然公園でよく見かけます。
画像をクリックすると大きくなります

現代の薔薇の交配親のひとつだそうです。

戻る


白幡山に咲く花


クルマバックバネソウ、札幌市清田区白幡山(5月28日撮影)

春になると毎年白幡山にタケノコを採りに行く

山道を歩いているといろんな山野草を見る

≪白幡山の5月の山野草

戻る


ニリンソウの群生地


清田区緑地公園(5月14日撮影

札幌の住宅街からそれほど離れていない場所に
ニリンソウの群生地がああります


ニリンソウは、キンポウゲ科イチリンソウ属の花です。
1本の茎から2〜3本の花がつくことから名ずけられ、
イチリンソウよりは、小さな白い花を咲かせている。

≪ニリンソウもっとみる


戻る


春の使者〜水芭蕉


清田区緑地公園撮影(4月15日)

そろそろ水芭蕉が咲いているのでは〜と最近落ち着きません
図書館に本を返す時期なので、暖かな陽気の中返しがてら、
図書館から比較的近くにある自然公園に行ってみました!

年々水が少なくなっているので、水芭蕉も小さめですが
たくさん咲いていました!

戻る


ナニワズの群生地


4月9日撮影

陽気に誘われて近くの自然公園まで散策に行って来ました。
いつもは、あまり通らない道を歩いて行くと、公園の敷地内に
ナニワズがあちこちに咲いているではありませんか!

水芭蕉より早く咲く「北海道の春一番の花」かな?

戻る


杜の蕎麦屋さん



フキノトウを採りに行って、山の中でお蕎麦屋さんを見つける
名前も「杜の蕎麦屋 コロポックル山荘」というしゃれたもの。
地元産の蕎麦粉を使った手打ち蕎麦のお店です。

「このような辺ぴな場所に来てくれて真にありがとうございます」と店の前に案内が
あるように、周りには、家一軒もない場所にある隠れ家のようなお蕎麦屋さんです!

もちろん、蕎麦好きなので食べてきました!おいしかったですよ!

戻る


悪戦苦闘の豆腐作り



失敗続きのお豆腐作りに自信を失って、やる気をなくしていた。
でも、豆があるので重い腰をあげて、再度挑戦!
やっと、お豆腐が出来た!どうもにがりの量を間違えていたようだ。

お豆腐作り奮闘記

戻る


冬の川


2月18日撮影

2月も半ばになると夕暮れが遅くなる
今まで暗い道を歩いていたけど、すっかり明るくなって
周囲の景色が目に入るようになった!

沈む夕日をほんのり浴びて、冬の川がきらきら輝いていた!

≪川の表情

戻る


電子レンジで柚子蜂蜜



冷蔵庫に入れたままの柚子が気になっていた

テレビで見た柚子粕を作ろうと思い買ってあったのだが、
作り方をメモしなかったので忘れてしまった!

それで、適当に柚子蜂蜜を作ってみた!≪作り方

≪2008年2月18日≫

TOPに戻る

自然と暮らし2006年 自然と暮らし2007年

みずきばーちゃん奮闘記 札幌散歩道 掲示板

姉妹サイト・シニアのハッピー探し〜アジアン市場