HOME 自然と暮らし 札幌散歩道

お豆腐の作り方

たくさん無農薬の大豆あるんだけど〜?と友人から言われたとき、
瞬間「お豆腐が作れる!」とひらめき、喜んでいただきました。

広い土地があったら、大豆も植えて、お豆腐も作りたい〜と、前々から、
ちょっと頭の隅にあったので、チャンス到来と飛びついたのです。

前に豆乳でお豆腐作りを経験済みですが、大豆の分量等わからないので、
まずネットで情報集めをしました。ここを参考にさせて頂きました。

大豆300g(2カップ)を前の晩に3倍(6カップ)の水につけておきました。
時間の目安は、春秋は15時間、冬は20時間、夏は8時間だそうです。

今は、秋なので15時間でいいのですが、パソコンに夢中になっていて
17時間ぐらい経っていたと思います。

膨らんだ大豆をなまで齧ってみると、青臭い味がするけど柔らかく甘い
この大きくなった大豆を2〜3回に分けて、ミキサーにかけます。

大豆とつけ汁も均等に分けてミキサーにかけないと、ミキサーが止まってしまいます!


まるでコーンクリームみたいです!

次に、このクリーム状の大豆を大きなお鍋に入れて、煮るのです。
あっ、その前にさらしで40〜50センチの袋を縫って用意します。

私は、ちくちく手縫いで作りました。

大きなボールにさらしの袋を入れて、煮えたクリーム状の大豆をあけます。
袋の口をくるくる回しながら、しっかり絞り込みます。
このとき、棒で押しつぶすように絞ると、豆乳が残りません。

 
こんな風にきれいなおからと豆乳が出来ました。



これが出来上がったお豆腐です!

300gでお豆腐2丁出来るそうですが、豆乳を2カップ残したので、
このとおり、少し薄いお豆腐ですが、味は絹ごし豆腐のように
ふぁっと柔らかく、美味しかったですよ!

豆腐作りレポート

何度も取り組むのだけど、失敗続きのお豆腐作り…しばらくはやる気をなくしていました。
でも、大豆が古くなるからと、ちょっと気が重かったのですが、再チャレンジしてみました。


今回も最初は、失敗でした。(ーー;)

何度考えても失敗の原因がわからず、途方にくれてしまいましたが、ふと「にがり」の容器を
見ると、豆乳200mlに対して小さじ2杯と書いてあります。あ、これだ〜!わかった♪

「にがり」の量が足りなかったのです!慌てて固まらなかった豆乳の量を量り、再度温め
直して、にがりを入れてゆっくりかき混ぜていると少しずつ塊が出来てきたのを見た時は、
感動ものでした!市販のお豆腐のような形にはなりませんが、ちゃんと冷奴が出来ました!



手間隙かけて作るより買ったほうが安いけど、自分で作ると「おから」が出来ます
市販のものより美味しくて、腸の大掃除をしてくれるから大変ヘルシーです!
近頃は、自分で作った大豆でお豆腐を作ってみたい、というのが目下の夢です
(2008年4月記)



失敗の巻き   大豆を先に茹でてミキサーにかける

朝の6時、急にお豆腐を作ろうと、思い立つ。

まず、大豆3カップを水につけて……うっ、2カップで良かったのだ!
まぁ〜豆乳の分としようか?と思いなおす。

6時から15時間と言えば、夜の9時・・・時間的にまずかったかな〜と頭を
かすめるが、暖房を入れているので、幾分温かい。まぁ〜、いいか。

4時頃、見るとかなり大豆は膨らんでいる。
さぁ〜取り掛かろうか。

前は、生のままミキサーにかけたけど、今度は先に茹でてみようと考えた。

「やさい畑」と言う本の古い号を見てたら、昔式のお豆腐の作り方だ……と
いう記述があったのを思い出したのだ。

水につけていた大豆をお鍋に入れて、3倍の水を足して火にかける。
煮立ったころ、大豆を食べてみると、やや硬いけど甘くて美味しい。

お鍋は、アームウエイの3層構造ステンレスだから、ある程度煮てから
火を止め、蓋をしておけば大豆がいっそう柔らかくなると素人的に考えた。

やや、大豆が冷めたころ、まだ十分温かだけど、小分けしてミキサーに
かけると、水が噴出してきた。量を少なくして、ミキサーにかけたのに。

生のままでは、こんな事はなかった!

暖かいとだめなのかな〜と思いながら、全部ミキサーにかける。

そして、さらしの袋にあけて、おからと豆乳に分ける。
前よりも、しっとりしたおからが出来ました。

豆乳は600ml、にがりは200mlに対して小さじ2杯なので、6杯用意した。
少し冷めたので、豆乳を火にかけ温まってきたら、半分のにがりを入れて
かき混ぜ、更に半分入れる。

こうして、お豆腐が出来るはずなのに、出来ませんでした。
固まらず、全部するりと流れてしまったのです!

夕食に冷奴を食べるはずが〜おかずが一品へってしまった!(~o~)

やっぱり、物事適当にするとだめなのかな〜の巻きでした。

次回、レシピどうりに再チャレンジしてみます。(11/18)





2008年6月、再び挑戦しました〜(=^・^=)/


しばらく休んでいたお豆腐作りですが、まだまだ大豆があるので、再び挑戦しました。
今までの失敗は、やはり「にがり」の量が少ないのかも…と考えていたのですが、
たまたま従姉妹と会うことで証明されました。

長い事会うことがなかったのですが、母の葬儀で会った従姉妹に、彼女の母親が
お豆腐を作っていたのを思い出し、失敗の話をすると即座に「にがりの量だわ」との
返事。それで「にがり」の量を多くして、再び挑戦しました。
今度は、成功です!\(=^・^=)/ このように木綿豆腐のように固まりました!

次回は、自分で育てた豆で作ってみたいと夢を広げています!(6月16日記)

自然と暮し2008年に戻る

みずきばーちゃん奮闘記 自然と暮らし2007年 札幌散歩道

姉妹サイト≪シニアのハッピー探し〜アジアン市場