HOME 自然と暮らし2006年 2008年

自然と暮らし2007年

銀杏の実はレンジでチン 雪捨て場 馬の養老牧場 冬の川 やっと、春 雪と格闘フキノトウ コナラの北限地帯
 春を探しに・・・福寿草 水芭蕉 積丹・島武意海岸 桜の季節 梅の花自然がそのまんま〜清田緑地 エンレイソウ
ニリンソウの群生地 オータムポエム 人工湿地に咲くサギスゲ時計台 趣味の無農薬野菜作り えんどう豆が豊作
7月の市民農園 オニクルミ 貴重な玉葱  秋の足音・ナナカマド 秋の味覚・生筋子の醤油漬け 南瓜団子 白菜
秋の平岡園芸センター キムチを漬ける げんこつ次郎 ニシン漬けを漬けました 手作り豆腐に挑戦 農園の終焉


札幌ミュンヘン・クリスマス市


  

  

今、札幌大通り公園で、ミュンヘン・クリスマス市が開催されています。
なかなか行けないので、娘に写真を撮って来てもらいました。



戻る


終焉



5月に始まった市民農園も10月で終わりました。

今、寂しさをかみ締めています。


戻る


手作り豆腐に挑戦



友人から無農薬の大豆をたくさん頂きました!

前から作ってみたかった豆腐作りに挑戦したよ。

お豆腐作りは、≪こちらから


戻る


大根干しの風景


秋の風物詩 大根干しの風景

いいお天気が続いたので、大根があっと言う間にしわしわです。
沢庵はうんと干せたのがいけど、ニシン漬けは、漬け時です!

 
今年は、塩にこだわり重さを量って塩加減を決めました。

ニシン漬けの漬け方は≪こちらから

戻る


げんこつ次郎


このごっつい芋は、げんこつ次郎という名前のとろろ芋です

いつも掘るときスコップで傷つけて、折ったり切ったりしてたけど、
今年はしんちょうにしんちょうに掘ったので、このとおりです!

  
凄いねばりで、このとおり落ちません! 

戻る


キムチを漬ける


自家製の白菜でキムチを漬けました!

ざくざく切って塩をして、一晩重石をのっけておいた白菜に
キムチの素と塩辛とするめを混ぜただけ!

手作りは、やっぱり美味しい!


戻る


平岡樹芸センター



写真は赤く色づいている「ツリバナ」

清田区にある樹芸センターには、「赤いトンネル」と呼ばれる
秋の桜並木道がある

そろそろ見ごろかな〜とカメラを持って行って見たが、
まだ少し早かった!


デジカメで散歩「平岡樹芸センター」
(10月25日更新)

戻る


間引きでも巻いてる、巻いてる〜



野菜作りの中でも白菜は難しいと思っていた

それが土が合うのか、それほど手をかけなくても上手に出来る

これは、まだ採るには早い白菜だけど、茎が腐ってきたので

間引きしたもの。ちゃんと巻いてますよ〜!

野菜炒めにしても、味噌汁にしても柔らかくて美味しいです♪



戻る


かぼちゃ団子


1本の苗から10個も南瓜の実がついた!と喜んでいたが、
食べれるようになったのは、3個だけ。


早速1個食べてみると、ちょっと水っぽく甘さにかけるので、
かぼちゃ団子を作ってみました。

  

フライパンで焼いて、缶詰の茹で小豆をかけて
食べたら、意外と美味しかったです。

戻る


秋の味覚〜生筋子の醤油漬け



北海道の秋は、なんと言っても生筋子が安く手に入るのが嬉しい!
100g298円位で買えるので、道産子はたいてい自分で醤油漬けを作る。

熱々のご飯にかけて食べるのが、至福のとき。


醤油・酒・みりんで味付けして、一晩冷蔵庫においたら
翌日の朝にはもう食べれます。


生筋子の身をほぐすには、お餅焼きのアミに粒をこすったり、
人肌ぐらいのお湯に塩を入れ、手で粒を解したりするといいです。

戻る


秋の足音・・・・・・ナナカマド



ナナカマドの実がもう赤くなっていた
ナナカマドの実が赤くなるのは、秋・・・のはず

暑い、暑いと暮らしていたが、季節はもう秋になろうとしてる

ここは、桜が一番早く花咲く場所でもある
秋も一番早く来ようとしているの?


戻る


貴重な玉葱



市民農園で作る野菜の中でも玉葱は連作障害もなく簡単な方だ
それが、今年はさっぱりよくない!

100本以上植えた苗が、根付く前に枯れてしまったので、
20個ほどしか残ってないのでがっかりしている。


戻る


オニクルミ



借りてる市民農園の傍には、大きな胡桃の木がある
これは、縄文時代から食べられていたというオニクルミ。

今年は随分と実がついていて、手を伸ばせば届きそうな
箇所にも実がびっしりとついている。


台風や強風の後には、実がたくさん地面に落ちている。
毎年それを拾ってきて、いつか使おう〜と保存している。


戻る


コスモスが咲き出しました!



市民農園では、こぼれた種でコスモスが芽を出し
つぎつぎ花を咲かせるようになりました!

野菜たちもぐんぐん大きくなって収穫です!



戻る


えんどう豆が豊作



今年は、えんどう豆やインゲンが豊作だ!
採っても、採っても実がついている

遠方に住む友人にも分けてあげたいと思いながら、
えんどう豆だけを送るには、足りないので冷凍にして保存。


戻る


時計台



いつもは慌しく通り過ぎるだけの時計台の傍・・・

朝の9時という時間でも観光客がいっぱいに少し驚いて、
私も観光客のつもりになって写真を写してみる

ちょっとだけ観光客のつもりになって心を遊ばせた朝の時間、
知ってる街でも意外と心がおどるものでした!



戻る


6月の収穫



5月に種を蒔いた野菜が、6月に入ると収穫の時期が来る

ホーレンソウにミズ菜、ラデシュ・・・次々に食べごろになる

けして欲張ってはいないけれど、野菜は順々に大きくなってくれない



戻る


人工湿地に咲くサギスゲ


サギスゲ・清田区平岡公園撮影(6月20日)

広大な梅林で有名な平岡公園には、水芭蕉が咲く自然の湿地と
様々な湿地植物が咲く人工湿地がある。

この人工湿地は、かって市内に存在していた原景観の湿地を
再現したもので、色々な湿地植物を生育されています。

平岡公園・人工湿地を見る


戻る


オータムポエム



菜の花のようなこの野菜は、オータムポエムという
中国野菜の菜心と紅菜苔を交配させて、
日本で誕生した新野菜で、とう立ちした花茎を食べる

食感がアスパラのようなので、又の名前を「アスパラ菜」ともいうので
アスパラの味を期待していたが、茹でて食べるとちょっと苦味がある

あっという間に花が開いてしまったので、甘みが逃げたかな〜?


戻る


ニリンソウの群生地



住宅街のすぐ傍にニリンソウの群生地を見つけました

清田緑地散策路を歩く

戻る


エンレイソウ


≪エンレイソウ 5月21日撮影≫

市民農園の帰り道、山菜求めて山林を歩いてみる

山菜採り

戻る


自然がそのまま〜清田緑地


≪シロバナエンレイソウ 5月15日撮影≫

清田区民センターの傍にある清田緑地
野生の自然がたっぷり残されています

清田緑地の山野草


戻る


梅の花


≪5月15日清田区撮影≫

とある病院の前を通りかかったら、梅が咲いていた
低い塀越しに何本も見事な花を咲かせている

ここは、春に医師の不足で病院が閉鎖されてしまった!
建物は壊されず、違う施設として生まれ変わってほしい

クリックすると写真は大きくなります


戻る


桜の季節


≪5月7日清田区撮影≫

札幌にも桜の季節が、やっと来ました♪
今年は、なんだかとっても遅く感じました!

待ちに待った〜さくら、さくら、桜・・・
≪桜の隠れ名所≫もこちらから


戻る


積丹・島武意海岸



≪島武意海岸5月3日撮影≫

娘の運転で、家族4人で岩内までドライブしました!

でも、道に迷ってしまい、前を走る車に誘われるように
迷い込んだ積丹岬・島武意海岸のシャコタンブルーの海


積丹・島武意海岸もっと見る


戻る


水芭蕉


平岡梅林公園4月24日撮影

清田区にある広大な梅公園の敷地には、裏手に湿地もあって、
春一番に水芭蕉・ザゼンソウやエゾノリュウキンカが花をつける。

まだ枯れ草や枯れ木が多い湿地に水芭蕉が咲きだしました!


戻る


春を探しに・・・福寿草


野幌森林自然公園にて(4月17日撮影)

寒い日が続いて、四月半ば近くなってもなかなか春が来ない

珍しく青空が広がる日、家にいるのがもったいなくてドライブした

野幌森林自然公園


戻る


コナラの北限地帯



久しぶりの晴れた空を眺めていたら、散歩がしたくなった
まだ、外はひっそりとした早朝、近くの自然公園まで歩く。

ここはコナラの北限地帯で、コナラの純朴が鬱蒼と生えていて、
夏などは薄気味悪いくらい暗いが、住宅街の直ぐ傍にある。

名前のコナラは「小さい葉の楢(なら)」の意味で、伐採されても
切り株から「ひこばえ」(萌芽)を形成して再生する樹木だそうだ。

岡山大学植物生態研究室(波田研)のホームページ参照


戻る


フキノトウ



買い物がてら2時間ほど歩いて来た。
歩道はほとんど乾いているけれど、
日の当たらない場所はまだ雪がたくさん残っている。

川原の土手も半分雪が残っていたけど、
フキノトウがそっと顔出していた。


しかし、まだ寒いよ・・・と言いたげである!

≪3月31日撮影≫

戻る


雪と格闘!



雪捨て場の雪がまだこんなに残っています。
雪の山の上で、ブルが雪と格闘していました!


 

3月半ば、春と言えども、札幌はまだこんなに雪があるのです!
この雪が融けて、緑の木々が見えるまではまだまだ先なんですよ。

≪3月27日撮影≫

戻る


やっと、春\(^o^)/



久しぶりの青空に誘われて、カメラを持って川辺に散歩

ふきのとうを探したけれど、

シャーベットのような雪の下からまだ顔だしていない

そのかわり、猫柳の小さな芽が噴出していた

もう少し、もう少し待つと本格的な春の訪れと思うと


浮き立つ気持ちで泥んこ道を歩いた!

≪3月9日撮影≫

戻る


冬の川



枯れ草が風に揺れている
冬の冷たい風に揺さぶられるように、
頼りなげでいて、
そして、どこか楽しんでいるように・・・・・・

札幌には、バス通りをちょっと入っただけで、こんな自然がある

(2007年2月3日)

戻る


馬の養老牧場



ここは、白老にある「イーハトーヴ・オーシャンファーム」

競走馬・乗馬・種牝馬・繁殖馬として働いた馬達・・・

残された余生を一日でも長く楽しんで欲しいと願って
昭和58年に開設された日本初の「馬の養老牧場」です!

とても可愛い顔をしていたのですが、噛み付く癖が
あるとかで、一匹だけ離されていたどさんこ。


もっと見る

(2007年1月23日記)

雪捨て場



札幌の街には、このような雪捨て場があちこちある
殆ど郊外にあるのだけれど、ここは中心街のビルが見える

トラックで運ばれてきて、ブルで雪を高く積み上げている。

ここは、春になる頃には、自然と雪は融けているけれど、
郊外だと6月過ぎても融けないで、排気ガスで真っ黒である。


≪2007年1月13日紀≫

銀杏の実はレンジでチン!

暮れに友人から銀杏の実をいっぱい貰いました!



いつもはフライパンで煎るのだけれど、電子レンジを
使うと意外と簡単だと知って、早速試してみました。


 
銀杏は叩いてから、厚い封筒に入れて飛び出さない
ように封を2重に折る。そしてレンジで1〜2分かける。

あまり一度に沢山入れないで、10個〜20個位づつ入れる方が、
渋皮はきれいに剥けます。冷えると剥きづらいです。 
≪2007年1月12日記≫

TOPへ戻る

みずきばーちゃん奮闘記 札幌散歩道 自然と暮らし2006年 掲示板

姉妹サイト・シニアのハッピー探し〜アジアン市場