HOME 札幌散歩道 自然と暮らし2007年

自然と暮らし

デジカメで撮った日々の暮らしと札幌の季節の移り変わりを載せています

アボカドの木旅行記(旧白洲邸・武相荘) 2006年春の山菜展  平岡梅林〜紅白1,200本の梅 緑の桜〜平岡園芸センター 
山菜採り スジグロシロチョウ 八紘学園菖蒲園 オオウバユリ  円山界隈散策 秋の山道 ワレモコウ  中秋の名月
落葉キノコ ふたり寄り添って 住宅街の紅葉  私の無農薬野菜作り 秋色にそまって 北海道の冬の味
旧北海道庁界隈


ミュンヘンクリスマス市 in Sapporo
 


札幌はドイツ・ミュンヘン市と姉妹都市提携しています
2002年に30周年を向かえ、記念にミュンヘンクリスマス市を開催、
本場ミュンヘン同様に行われていて、今年で5回目になります。

今年は「ホットワイン入り」グラスが500円で売られていて、
それぞれのグラスに可愛い模様が描かれていて人気だそうです

 

戻る

  
秋色に染まる〜マガモの散歩



赤レンガの旧北海道庁に行って来ました
残り少ない秋を楽しむかのように
2羽のマガモが寄り添って泳いでいました

恋人かな〜?夫婦かな〜?

戻る


北海道の冬の味「ニシン漬け」


北海道の冬はどこの家庭でも「ニシン漬け」を漬けます

大根とキャベツと身欠きにしんを麹で漬けた郷土色豊かな漬物です!
引っ越してきた人々は、生臭さが気になって食べれないと言います

でも、道産子にとっては懐かしいお袋の味とも言えます!


ニシン漬けの作り方!

戻る


秋色に染まって



水の中で落ち葉が踊っています
赤、黄色、枯れは色・・・どの色も水の中で
いっそう鮮やかに見えます。


戻る


市民農園



10月の末で毎年借りてる市民農園が終わった
今年で6年目となるが、初めの頃の新鮮さは薄れ
身体がきついな〜と思うことが多くなり
今年は夫ひとりに任せることが多かった

しかし、最後の日はやはり寂しく、
何もない畑をいつまでも見つめていた

戻る


住宅街の紅葉



お天気がいいので、カメラを持ってぶらぶらと歩いた
高層マンションが立ち並ぶ隅に自然のままの公園があった
葉がすっかり色づいて、秋の色に染まっていた



戻る


ふたり寄り添って



ボランティアの合間に定山渓ダムの紅葉を見に行ってきました
人知れず穴場・・・と聞いていたのですが、結構人出がありました

こんなカップルの後姿に、皆それぞれの連れ合いを
密かに思い出していたようです

今度はきっと夫婦で来よう〜♪

戻る


落葉キノコ



私たちは落葉キノコと言うが本当はハナイグチといいます
地方によってはラクヨウイグチ、カラマツタケとも言うらしい
カラマツ林内に発生する、ぬめりのある味よしのキノコだ

初めて採ったので味噌汁にして、感激しながら食べました!

札幌のキノコいろいろ

戻る


中秋の名月



今年の十五夜は10月6日
でも、お天気が悪くて月は見られなかった

これはちょうど前日、偶然撮った満月
中秋の名月と言うのかな〜?

やはり月は神秘的です

戻る


ワレモコウ




朝の散歩で、普段通らない道を歩いてみました
遠くに薔薇が咲いているのが目に入りました
近づいて見ると、傍にワレモコウが咲いていました

住宅街の片隅でひつそりと咲いているのを見たら、
なんだかわくわくした気分になりました
野の花って、控えめだけど、人の心を慰めます


10月4日

戻る


秋の山道を歩く



秋の気配が立ち込めた山道を歩いて来ました
落ち葉が時々ひらりと舞い降りてきます

落葉キノコを探したけれど・・・

戻る


円山公園界隈散策


秋の気配が漂う円山公園

美味しいランチを食べたり、素敵な喫茶店を見つけたり…
円山界隈を散策し、小さな秋を見つけて来ました

懐石風ランチを食べる

戻る


オオウバユリ

花が咲く頃には、葉が枯れてしまう事から、「葉」を「歯」に
置き換えて、歯のない姥にたとえてついた名前だそうです。

鬱蒼と茂る林の中に凛として咲いてる姿は
少し不気味ではあるが気品を感じる



ユリ科ユリ属 撮影:札幌市大谷地

もっと見る

戻る


ふらり…ラベンダーを見に〜「八紘学園 菖蒲園」



急に牧歌的な風景を見たくなって、バスを途中下車して
のんびりとした時間を過ごしてきました




八紘学園の生徒さんたちがラベンダー畑の手入れをしていました

もっと見る

≪2006年7月14日記≫

戻る


スジグロシロチョウ



バスを途中下車して歩いた

蝶が夢中でアカツメグサから蜜を吸っている
カメラを向けてもいっこうに気がつかない
よっぽど美味しいのだろうな〜!

この蝶は「スジグロシロチョウ」とkumikoさんから聞いた!

≪2006年7月1日記≫

戻る


山菜採り



6月になると近くの低山に竹の子採りに行きます
ちょこんと顔出している竹の子(笹の子)
生銀シャケと煮て食べるのが好きです!

山菜採り〜白幡山周辺


≪2006年6月6日記≫

戻る


緑の桜


ウコン(鬱金)

鬱金はショウガ科のウコン根を使って染めた時の鬱金色に
似ていることからその名があります
緑の桜と言われれいるようにほんのり緑色しています。


 

平岡樹芸センターはこんな所

≪2006年5月29日記≫

戻る


平岡梅林公園

札幌の郊外に広がる紅白1,200本もある梅林
甘い匂いを漂わせ、市民の目を楽しませています



平岡梅林公園はこんな所

梅林の奥は林や湿地が広がり、春は水芭蕉や座禅草の群生も
見られ、自然の恵みがたっぷりの散歩コースにもなっています



水辺に多い≪オオカメノキ≫
双子葉植物合弁花 落葉小高木 スイカズラ科
別名:ムシカリ


戻る

2006年春の山菜展


アサズキ

地下街オーロラプラザで「春の山菜展」が開催されていました。
4月18日(火)〜19日(水)の2日間ですが、
近年の自然志向の高まりに、札幌市の保険所の催しです。

季節の山菜は美味しく、採って食べるのも暮らしの楽しみです。
でも、食べれる山菜と毒のあるものが似ている事が多いので
やはりかなりの確信がないと採る事は出来ません。

ちょうど通り掛ったので覗いてみました。

クリックすると画像が大きくなります

食べれる山菜

アズキナ

ボウフラ
食べれる山菜と毒のあるものを分けて展示していましたが、
なかなか見分けはつきません。


これも食べれます
毒のあるものには、スイセン・チョウセンアサガオ・トリカブト・福寿草
ドクニンジン・バイケイソウ・ドクせり・ホウチャクソウ・ ジギタリス等

山歩きできるようになったら、写真を撮ってくるつもりです!



≪2006年4月19日記≫

戻る


旅行記

11月2・3日と慌しいながらも二人の娘と東京1泊旅行に行ってきました!
羽田空港から汽車を乗り継いで行ってきた旧白洲邸、夜の六本木、
宿泊した品川のホテルの11階の窓から見たダイナミックな日の出、
明治神宮、青山通りなど、短いながらも欲張った楽しい旅でした!
ホテルの窓から見た日の出


六本木ヒルズ

明治神宮

明治神宮


憧れの旧白洲邸

旧白洲邸は作家白洲正子さんと白洲次郎さんのお住まいになった家で、
住み始めたころは東京の田舎と言われたそうですが、
今では商店街や住宅街が所狭しと立ち並ぶ場所でした。

ツタの葉が絡まる塀
この道を通って行く

大きな柿の木と入り口
お土産も売っています

ここから白洲邸の母屋
「武相荘」と呼んでいた

お茶処で抹茶と
干菓子で一休み

鈴鹿峠と書いた
道しるべがある散策路

鬱蒼とした木々の中に
優しいお地蔵様の顔

庭の隅にあった水瓶
無造作だけど心に残る

母屋もお茶処も室内は撮影禁止だったので、
外の風景のみです。


羽田空港からエアポート快特で品川まで行き、山手線で新宿へ
新宿から小田急電鉄で鶴川で下車、徒歩15分程です


≪2005年11月記≫

戻る


アボカドの木

春の頃だったろうか?気まぐれに食べたアボカドの種を植えた
ベランダの鉢に種を入れてそのまま忘れていたのが、
ある日、何気なく目にしたら青い芽が顔を出していた
毎日見ていると、どんどん大きくなっていく
信じられない思いで、毎日水をやり、眺めていた
寒くなってきたので、
家の中に入れたが次々新芽が出てきている


東京では露地植えが見られるとか
こんなサイトを見つけました→アボカド好き

自然と暮らし2007年  TOPへ
みずきばーちゃん奮闘記 札幌散歩道

別サイト・シニアのハッピー探し〜アジアン市場